CONCEPT

 ONE OF A KIND

 

 

「あさのは」について

麻の葉文は、正六角形、正三角形、菱形から構成される幾何学図形で、さらに分解すると 30° 30° 120°の二等辺三角形(三辺の比1:1:√3)となる。

再生や魔除けの意味がある三角形「鱗文」の集合体で、麻の葉に形が似ていることから、麻の葉文と呼ばれ、魔除けの力を持つ吉祥文様として愛されてきた。

能「道成寺」能装束の鱗文

麻は、いにしえより食べ物や衣類のため広く栽培され、生活を支える植物としてだけでなく、神聖なものとして神事にも用いられてきた。縄文人は麻の縄によって土器に文様を施し、神社においては麻で作られた注連縄で結界を張る。4月頃に種が蒔かれると真っ直ぐに伸びて、7.8月には4mにまで成長する。麻の強い生命力にあやかりたいと、日本では、赤子に麻の葉文の産着を着せる風習がある。

文様自体の歴史は古く、平安時代の截金や鎌倉時代の繍仏にすでに見られ、室町時代以降は、建築、彫刻、染織、漆工などに広く用いられている。 

日本伝統の吉祥文様、麻の葉文。麻の葉文は無限文様で、放射状にどこまでも伸び広がる力を秘めている。眺める角度、焦点の置き方によって、立方体や三角錐など、様々な幾何学立体が浮かび上がってくる。摩訶不思議…

 

 

(妹背山婦女庭訓 お三輪 縮緬淺黄赤段鹿子麻の葉文様振袖 ©︎国立文楽劇場)

error: Content is protected !!